エクセル版フロードシューターの一般公開

エクセル版の簡易型フロードシューターをオープンシステムとして一般無料公開することにしました。ご興味のある方は下記のファイルをダウンロードしてエクセル版フロードシューターをご自由にお使いください。



今回一般公開するエクセル版フロードシューターは既に複式簿記研究会に著作権が発生していますが、オープンシステムとして誰でも無料でこれを利用することができます。ただし、著作権法上の著作権保護規定に従い、エクセル版フロードシューターを改変したり、有償領布、あるいは、商業目的で利用することはできません。

「被監査会社から巨額の監査報酬を貰って行われる日本の監査法人監査は機能しない」という現実の下で、開示財務諸表の危険度分析をITで行うフロードシューターが複式簿記研究会により開発されました。フロードシューターはAIではありません。フロードシューターは、上場会社の財務諸表危険度を数百社あるいは数千社単位かつ秒速単位で分析するために設計されていますが、一般利用者は、何も数百社単位かつ秒速単位の財務諸表危険度分析のニーズがあるわけではありません。数社あるいは数十社単位かつ数分単位での財務諸表危険度分析は、エクセル版フロードシューターで簡単に行うことができます。

エクセル版フロードシューターの誤操作は大変危険ですから、ご利用に際しては事前に「フロードシューター養成講座」を受講していただきますようお願いします。また、共同開発等の打診を受けることがありますが、フロードシューターはシステムとして既に完成していることから、当会は共同開発を行いません。また、当会は、エクセル版フロードシューターの操作方法あるいはアルゴリズムに対するご質問には一切お答えいたしません。このようなご質問は、フロードシューター養成講座においてお答えしており、また、講座終了後のお問い合わせはフロードシューターのメインテナンス契約を締結して頂いた方のみに対応しております。

フロードシューター養成講座はこちらのページより開催日時などをご案内しております。