新刊本のご案内

新刊本「会計と犯罪-郵便不正から日産ゴーン事件まで」のご案内

来る5月29日、「会計と犯罪-郵便不正から日産ゴーン事件まで」が岩波書店より上梓されます。本書は、私の犯罪会計学研究の集大成であり、渾身の書き下ろし作品です。この作品は、発売前から有識者の評価が高く、おそらくかなりの話題作となるはずです。今後、発売日に向けて、東京新聞、北海道新聞、プレジデント、ザイテン、エコノミスト、東洋経済、週刊現代、週刊新潮、日刊ゲンダイ、JBプレスの各メディアで順次紹介記事が掲載される予定です。ご購読いただきますようお願いします。

「会計と犯罪-郵便不正から日産ゴーン事件まで」
5月29日岩波書店刊、本体価格1800円
I 「あの日」からの私
第1章 執行猶予の日々
第2章 ジオス倒産
第3章 自動車販売
II 郵便不正という転換点
第4章 郵便不正事件
第5章 虚偽公文書事件
第6章 無罪判決
第7章 大阪地検特捜部
第8章 証拠改竄事件
第9章 特捜検察の終焉
III 犯罪会計学で何がわかるか
第10章 犯罪会計学の成立
第11章 日産自動車カルロスゴーン事件
第12章 日産事件オマーンルート

複式簿記研究会会員限定:新刊本を差し上げます

来る5月29日、「会計と犯罪-郵便不正から日産ゴーン事件まで」が岩波書店より上梓されますが、複式簿記研究会の会員の皆様にこの本を差し上げます。
複式簿記研究会は会員の個人情報を一切入手しておりませんので、新刊本をご希望の方は下記よりフォームに住所氏名を記載の上、ご返信ください。※複式簿記研究会に新規入会の方は、会員番号がありませんので、「入会申し込み中」にチェックをお入れください。刊行日に即日配送いたします。

※下記申込はgoogle formを使用して作成しています

ポップ

自作ポップです。pdfなので、ダウンロードしてお使いください。